ユーザー車検とは

ユーザー車検というものはユーザーが自ら運輸支局などに自分の車を持ち込み車検を受けることです。

それまで車検というものは一般的に車を購入した自動車ディーラーや修理工場に依頼して、高額な費用を払うことにありました。しかし最近においてはインターネットで車検の手順を掲載するサービスを行うサイトが増えてきたことから、ユーザー自身が車検を受けることが容易になってきました。

予約を申し込むことで全国どこの運輸支局でも受験することが可能で、費用もディーラーや修理工場などに依頼する時よりも安く受けることが出来ます。予約は電話で行うかインターネットから24時間で受付を行っているので自分が申し込み可能な時間帯に申し込むことが出来ます。

車検場の窓口では各種書類の手続きも出来て、自動車重量税の納付や自動車損害賠償責任保険の継続手続きが出来ます。こうした書類手続きは行政書士に代行することも出来ます。代行を行った場合別途手数料が必要になるので確認をしてみると良いでしょう。

実際に車検では保安基準適合性の審査を受け、審査に通りましたら検査済みの書類を窓口に提出して車検証とステッカーの交付を受けます。検査に不合格になった場合は該当箇所を修理・交換して当日のうち3回までは受験が可能になっています。”

コメントは受け付けていません。