車検の特徴

車検は、新車購入後であれば新車登録から3年あるいは2年、またその後の検査については2年または1年と決められています。

この検査では法令で定められた項目をすべて満たしているかどうかなどをチェックするようになりますが、自動車の普及によりそれらをすべて運輸支局などでするのは現実的に無理という話になり、一般の自動車屋でも一定の条件を満たしていれば、検査だけは代行ができるようになりました。ただし、検査証の発行だけは運輸支局などでしかできないこととなっています。  

また、抹消登録や移転登録、変更登録などは運輸支局でしかできないこととされているので、いくら検査は民間でできるとは言っても、こうした登録だけは必ず運輸支局などで行う必要があります。
軽自動車の場合は運輸支局ではなく、その地域を統括する軽自動車の検査協会などが行っていますから、普通自動車などとは行う場所が違うということになります。

いずれにしてもこうした登録関係は手続きができる場所が限定されていて、自動車そのもののチェックは民間でできますが、それ以外については運輸支局などの公的機関で行わなければならないという制度になっています。自動車屋に依頼すれば検査とこうした届け出などは必ず行ってくれます。”

コメントは受け付けていません。