着色フィルムの透過率について

車で着色フィルムと言った場合、主に合成樹脂を使用したスモークフィルムのことを指します。

一般的にJISという名前で呼ばれている日本工業規格においては自動車窓ガラス用フイルムという名称が用いられており、カーフィルムやウインドウフィルムと言う場合もあります。従来は若者を中心に見た目が映えることや、車内のプライバシー保護の観点から透明度の低い黒や茶の暗色系フィルムが好んで使われていましたが、最近では車内の温度上昇を防止するためや紫外線対策になるもの、事故等に見舞われた場合のガラスの飛散を防止するものが多く出されており、機能性に富んでいます。

スモークフィルムを実際に張るときに気をつけなければならないことに道路運送車両法の規制があります。これは透過度の低いものをつけている場合運転者が回りの交通状況を確認することが困難なことや、周りの運転者や歩行者から見て運転席の状況が見えないために、安全性が損なわれるという理由から制定されたものです。現在法律ではフロントガラス、運転席、助手席の側面ガラスには透過率を70%以上保持することを義務付けられています。透過率が大きいスモークフィルムによっても車種によってはもともと窓ガラスに着色加工が行われているものがあり、意図しない透過率になってしまうこともあるため注意が必要です。”

コメントは受け付けていません。